上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 web拍手 by FC2
2011.01.16 3種の大和錦。
a400 大和錦
E.Purpusorum

最近は大和錦でも雰囲気が違うとつい持ち帰ってきてしまう。
この3種類(左・中・右)は全部同じ“大和錦”で購入。中央の大和錦は“原種”としてお迎えしました。

以前話を聞いたところによると、大和錦の原種は、葉の長さが短く葉先はシュッととんがり気味だと聞いていたので、左も原種に近そう。
右のタイプもよく大和錦として出回っていると思います。ただ葉の形的には丸味が強いかなと。
柔らかい感じ。

大和錦といったら、このシュッとした葉のタイプと少し丸味のあるタイプとに分かれているっぽいね。
どちらかというと、丸味があるほうがネットや店頭では多く見かける気がする。

シュッとタイプは、専門的な人達の庭から巣立っていっている様な勝手なイメージ。

右の大和錦は、購入当初はもうちょっとむっちりしていたんだけど、うちにくると大和錦はむっちりがなくなっていく気がするのですが…。
なんでなんだろうーー。
錦玉園さんの大和系のように、どすこいとした重圧感が保てない。
水あげすぎると、あからさまに葉に破裂痕でちゃうしね。

今年は、この右の丸型もむっちりさせて、可愛い大和錦に戻してあげたいな。

今年は肥料あげてみたり、色々やってみよう。
交配も、大和錦関連のみでやってみようと思う。いっぱいやってる間に斑入りもできたらいいなと。

***
大和という多肉と大和美尼がそっくりになってきたんですが。やっぱそうでしょう!?あまりにも似すぎなのでそんな気がします。
ま、その話はまた後日。

大和姫の新タイプの斑入りってどう新タイプなのか気になっています。
スポンサーサイト
 web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。